働き人のひみつ道具

2018.07.11

「生活そのものが仕事に」
コスメブランドディレクター
田上陽子さん

第一線で活躍する“働き人”のマストハブアイテムにスポットを当て、持ち物からその人となりを紹介するこの企画。今回は、人気のコスメブランド「セルヴォーク」と「エッフェオーガニック」のディレクターとして活躍する田上陽子さんの愛用品をピックアップ。持ち物から見えてきたのは、生活=仕事という田上さんの生き方そのものだった。

 

 

生活や趣味のすべてが

仕事につながる

 

 

オーガニックコスメブランドのディレクターとして、商品の企画からテーマの決定、PR、販売まですべてに関わるのが仕事という田上さん。忙しくても、そんな仕事が「とにかく楽しい」という。

 

「もともと妄想するのが趣味なので、それを形にできるのが面白いんです。仕事が趣味みたいなものですね。自分の仕事の結果としてお客様に購入していただけるので、結果が見えやすいというのもこの仕事の面白さです」

 

特に、2016年秋よりスタートした「セルヴォーク」は1年余りで伊勢丹新宿店にも出店が決まった。「立ち上げのときは自分で販売をしたこともありました。阪急うめだ本店でのポップアップショップでしたが、大阪のお客様の素直な反応がうれしくて。私は美容部員ではないので、メイクができなくてもトーク力だけで売っていましたね(笑)。今思うとそれもとってもいい思い出です。そこから少しずつ成長して、これまでの努力が実を結んでいる気がします」

 

 

田上さんがこの世界に飛び込んだのは、「自分が本当に欲しいものがない」という不満から。「以前、PR会社にいたときに忙しさのあまり疲れきってしまって…。そのときに、オーガニックコスメに癒やされたんです。でも、いろいろと探してもオシャレなものが見つからなくて、それなら自分で作ろうと」。

 

「この業界に入ってからは、ほかの人から何かを“やれ”と言われたことは一度もありません。いいものに出会ったり、インスピレーションを受けたりしたら、これを商品にできないかな、と考えてすぐに自分で行動してしまうんです。それで忙しくなってしまうのは自分なんですけど(笑)、それが楽しいんです」

 

仕事をするうえでの心がけは「極力ストレスをためないこと」。

「からだに来てしまうタイプなので、いかに自分を浄化するかということを常に考えています。ボディカウンセリングを受けたり、鍼に行ったり。普段は気を張っているから、気を許せる場所を見つけてリラックスするようにしています。でも、これも仕事につながっていますね。自分の体や心の状態を深く知って、それに合った対処をするという考え方も広めたいと思っています」

 

そんな田上さんの今後の展望は海外進出。

「まずは日本でしっかりとブランドを定着させたいですね。まだブランドもスタートしたばかり。これからもっと広げなければと思っています。そして、近いうちに海外にも出店したいと思います」。

 

 

シンプルで機能的な

アイテムを愛用

 

自分自身のすべてが仕事につながっているという田上さん。ディレクターとして様々な業務に関わるなかで、外出することも多いそう。出し入れのしやすいように、ポーチで整理され、愛用品はどれもシンプルでスマートだ。

 

 

ケータイ

 

 

「メモ帳も持ち歩いてはいますが、いまはケータイにメモを残すことのほうが多いですね。また、街を歩いていてかわいいと思うものを写真に撮ることも。それが、仕事のヒントになることもあります。仕事のやりとりをLINEですることも最近は多いです」

 

 

メモ帳

 

 

「仕事の打ち合わせの必需品。ケータイを使えないときにはこちらにメモします。シンプルなデザインで持ち歩きやすい小さ目なサイズがお気に入りです。メモ帳に限らず基本的に持ち物はシンプルで機能的なものが好きですね。」

 

 

財布

 

 

「買い替えを考えていたところ、占いでお財布を変えるのにふさわしいという日があったので最近買い換えました。風水で金運がアップすると言われていることをひと通りやってみました(笑)。開けたときに中が黄色になっていて、これも金運を意識しています」

 

 

名刺入れ

 

 

「これは昨年買い換えたものです。以前のものは10年くらい使っていたのですが、ぼろぼろになってしまって。仕事柄、人に会う機会が多いので、たくさん入るものを選びました」

 

 

コスメポーチ

 

 

「『セルヴォーク』の昨年のクリスマスコフレのポーチです。大きく開くので取り出しやすいんです。商品を試すために会社でメイクをすることも多いので、フルセットを入れています。友人の反応を見るために、新色のコスメをいくつか持ち歩くことも多いですね」

 

 

リップ

 

 

「これは『セルヴォーク』のディグニファイド リップスの人気カラーで、自分でも気に入って使っています。日本人の肌に合う、みんながかわいくなれる色です。インスタでもかわいいと投稿してくださる方が多くて、それを『いいね!』って思いながら見ています(笑)」

 

 

エッセンシャルオイル

 

 

「これはハワイ島で買ったdōTERRAのロールオンタイプのエッセンシャルオイル。頭痛をやわらげる効果があると言われていて、私も頭痛持ちなので持ち歩いています。仕事中や寝る前にも香りをかぐとすっきりして息がしやすくなります」

 

 

CBDオイル

 

 

「CBDオイルは飲むものは今までにもあって、私の周りでもハヤっていたんですけど、もっと手軽に使える塗るタイプを見つけたんです。痛いところに塗るとやわらいで、リラックスできます」

 

 

フラワーエッセンス

 

 

「これは、花のつゆを集めたものにブランデーを加えた『フラワーエッセンス』と呼ばれるものです。いろんな種類のある中でも、これはPCなどからの電磁波をデトックスしくれる効果があると言われていて、デスクに常備しています。」

 

 

バッグ

 

 

「これらのアイテムを入れているバッグはMM6のもの。軽くて扱いやすいところと、たくさん入るところが気に入って、色違いでもう1つ持っています。商品を持ち歩くこともあり、荷物が多いので、バッグは大きめですね」

(取材&文・SUMAU編集部 撮影・古本麻由未)

 

 

Information

 

 

2018年7月13日セルヴォークより、スキンケアライン「レステッドスキン」(写真左)が誕生。原料や香り、使用法までこだわり、健やかでキメの整った美しい肌へとアプローチ。また、8月10日よりAWメイクアップコレクション(写真右)が登場予定。「本質」の美しさをテーマにした遊び心のある商品がそろう。

 

関連記事一覧