Season's Home Deli

2017.01.04

新年のおもてなしにぴったり
簡単・ゴージャスなパーティ料理

新年明けましておめでとうございます。

今年一年の皆さまの食卓が豊かになるようなレシピをご提案できるよう、

精進いたしますので何卒よろしくお願いいたします。

 

今年初のレシピは、見た目ゴージャスなミートローフのパイ包みをメインに

フィンガーフード2種と今が旬のほうれん草を使ったポタージュの3品です。

新年のお集まりに、ぜひお試しになってくださいね!

 

今月のメインRecipe: フォアグラ入り鶏ひき肉のミートローフ パイ包み焼き

 

あっさりした鶏ひき肉ダネのところどころにフォアグラを配し、バターが濃く香るパイとのバランスの良い、コクのあるレシピができました!

 

フォアグラ、パイ包み焼き……と聞いて尻込みしないでくださいね。

 

フォアグラは下準備に手間のかかる大きなものではなく、一切れずつに個別包装された冷凍フォアグラを使うのでカットするのみ、ひき肉ダネを2枚のパイシートでくるんと包んでオーブンにお任せするだけ、ですよ(笑)。

 

唯一のポイントとしては、美味しいパイシートを使うことと、パイに卵黄を塗るのを忘れないこと!これさえ押さえれば大丈夫!!

 

辛口の白ワインやシャンパーニュを用意してお楽しみくださいね。

 

2_3

 

材料(4〜6人分)

<鶏ひき肉ダネ>

鶏ひき肉……………………………………………………400g

玉ねぎ(小)………………………………………………1 1/2個(150g。みじん切り)

にんじん(小)……………………………………………2/3本(7mm角に切る)

マッシュルーム……………………………………………10個(90g。みじん切り)

ドライパン粉………………………………………………1/2カップ

全卵…………………………………………………………1個

ナツメグ……………………………………………………小さじ1/3

塩・こしょう………………………………………………各適宜

 

フォアグラ…………………………………………………30g×2枚(1cm角に切る)

 

パイシート…………………………………………………2枚

卵黄(照り出し用)………………………………………1個

グレープシードオイル……………………………………大さじ3

 

作り方

1.フライパンにグレープシードオイルを熱し、玉ねぎ、にんじん、マッシュルームを中弱火で5分ほど炒め、塩、こしょう、タイム少々(分量外)を振って混ぜ合わせ、火からおろしてボウルに移す。

2.大きめのボウルに鶏ひき肉、粗熱のとれた1、ドライパン粉、全卵、ナツメグ、しっかりめに塩・こしょうを加えてよく練り合わせる。

3.パイシート2枚を横に置いた長さのラップに2を広げ、その中央横一列にフォアグラを置き、フォアグラを包み込んで棒のキャンディ状になるように包む。冷蔵庫で20分〜寝かせる。

4.軽く室温に戻したパイシート2枚を、左右1cmほど重ね長方形にする。

その部分が剥がれないように指で押しておく。

5.3を4の長方形パイシートの上にラップを外して乗せ、包む。

包んだ部分を下にし、両端は中身が飛び出ないように折りたたむ。

6.ペティナイフを使って、写真のように真ん中を完全に切り離さないV字の切り込みを入れる。

7.パイの表面に卵黄を溶いたものを刷毛で塗る。

8.180℃に熱したオーブンで35分ほど焼く。

 

プラスワンINFO

*1で炒める時間は5分でOKです。後ほどオーブンで火が入るため、完全に炒める必要はありません。

*パイシートのおすすめは、ベラミーズのもの(下写真)。層が細かくて膨らみがよく、リッチな味わいです。

 

フレッシュバターたっぷりのパイシートは 料理家の間で指名買いする人多数!

フレッシュバターたっぷりのパイシートは

料理家の間で指名買いする人多数!

 

 

速攻で完成!

お洒落&美味スターター

 

5

 

次にご紹介するのは、おもてなしにぴったりのフィンガーフード2種です。

瓶詰めや冷凍で売られている市販品に、一手間加えるだけで美味しい簡単スターターができますよ。

調理時間は2品で5分もかかりません。ぜひお試しくださいね!

 

フィンガーフード2種 

ドライトマトとクリームチーズ

スモークオイスターのせオリーブとシェーブルチーズ

 

材料(6人分)

バケットスライス……………………………………………………12枚

 

<ドライトマトとオリーブ&クリームチーズ>出来上がり量約100cc強>

クリームチーズ………………………………………………………100g(室温に戻す)

ドライトマトのオイル漬け…………………………………………3ケ(25g)

塩・こしょう…………………………………………………………各適量

 

<飾り用>

黒オリーブ(輪切り)………………………………………………18枚

 

作り方

1.フードプロセッサーにドライトマトを入れ攪拌する。

2.クリームチーズを加えてさらに攪拌した後、少しきつめの塩・こしょうで調味する。

3.バケットに塗り、トップに黒オリーブを飾る。

 

 

<スモークオイスターのせオリーブとシェーブルチーズ>出来上がり量約75cc

スモークオイスター…………………………………………………6個

シェーブルチーズスプレッドタイプ………………………………90g

黒オリーブ(輪切り)………………………………………………20g

塩・こしょう…………………………………………………………各適宜

 

<飾り用>

セルフィユ……………………………………………………………少々

 

作り方

1. フードプロセッサーに黒オリーブを入れて2、3秒攪拌する。

2. ボウルにシェーブルチーズを入れ、撹拌したオリーブと混ぜ合わせ、塩・こしょう少々で調味する。

3.バケットに塗り、スモークオイスターをのせてトップにセルフィユを飾る。

 

プラスワンINFO

* シェーブルチーズは、なめらかなスプレッドタイプがオススメです。ポロポロにならずディップのように仕上がります。

 

手順の工夫で

旨み凝縮・時短調理

 

6

 

最後にご紹介するのは、今が旬のほうれん草を使ったポタージュ。

スープの具材は炒めてから煮るというのが定番かと思いますが、実は炒めずに最初から煮てしまう方が野菜の甘みを引き出すことができて美味しくなるのですよ。

美味しくなるのに行程が減って時短になるというのは嬉しいですよね!

また、煮た後にミキサーで撹拌するため、具材を切る時は適当なざく切りでOKなのもポイントかもしれません。旬の野菜を濃厚にお楽しみください。

 

旬のほうれん草のポタージュ

 

材料(4人分)

ほうれん草…………………………………………………………………1束(220g。ざく切り)

ジャガイモ(中)…………………………………………………………1個(150g。ざく切り)

玉ねぎ(小)………………………………………………………………1個(120g。ざく切り)

マッシュルーム(大)……………………………………………………3個(60g。ざく切り)

水……………………………………………………………………………750cc

牛乳…………………………………………………………………………50cc

ベイリーフ…………………………………………………………………1枚

顆粒コンソメ………………………………………………………………6g

塩……………………………………………………………………………少々

 

<飾り用>

生クリーム………少々、またはコーヒー用ポーションミルク………4個

 

作り方

1.大きめの鍋に牛乳と塩以外の材料を全て入れて野菜が柔らかくなるまで20分ほど煮る。

2.ベイリーフを取り除いてミキサーで撹拌し、洗った鍋に戻す。

3.2を温めてから牛乳を加え、塩で調味する。

4.器に注いでから生クリーム少量をかける。

 

(文・ 久須美光子 写真・松永直子)

 

recipe&cooking

料理研究家/フードコーディネーター

久須美 光子

 

東京都港区生まれ。料理は1990年頃より和・洋・中・インドとジャンルを問わず習い始め、2003年に渡豪。シドニーで出会ったギリシャ人女性シェフから、モロッコやトルコを含む地中海料理全般を教わる。帰国後、フードコーディネーター資格を取得し、会員制地中海料理教室をスタート。フランス食品振興会主催コンテストなどでの受賞歴を持ち、数々のメディアで活躍する一方で、最近は男性向け家庭料理教室も開講している。

関連記事一覧