SUMAU’S SCENE

2016.12.19

アンティーク雑貨、インテリア植物に出会う
東京・骨董市さんぽ

アンティーク雑貨に出会える骨董市が東京各地で開催されています。雰囲気もヨーロッパの蚤の市ようで、散策にぴったり。衣・食・住を取り扱っているので、スタイリングの参考にもなります。掘り出し物に出会える週末、骨董市さんぽ。

 

 

「MOHARA」のドライフラワー。アンティークカラーが印象的。

「MOHARA」のドライフラワー。アンティークカラーが印象的。

 

 

花の美しさをいつまでも楽しめるドライフラワーは贈り物にもぴったり。

花の美しさをいつまでも楽しめるドライフラワーは贈り物にもぴったり。

 

 

「ayanasu」のMUMMYシリーズ。

「ayanasu」のMUMMYシリーズ。

 

 

アレンジセンスが素敵な「季色」の多肉植物。

アレンジセンスが素敵な「季色」の多肉植物。

 

 

年2回開催、ヨーロッパの田園風景

「ゴー グリーン マーケット」

 

「ゴー グリーン マーケット」(Go Green Market)へ行ってまいりました。

 

年2回、京王線・京王多摩川駅すぐの「京王フローラルガーデン アンジェ」で開催される、アンティーク家具や植物を多く取り扱う骨董市です。

 

冬の穏やかな日差しで黄金色に光る草花の向こうに、白いテントが並び、まるでヨーロッパの田園の骨董市のような風景です。

 

植物を取り扱うお店が多いのが特徴で、多肉植物、ドライフラワー、生花、すべてお洒落で個性的なものばかり。

 

 

ヨーロッパのアンティークブローチは、年月を経た風合いが魅力。

ヨーロッパのアンティークブローチは、年月を経た風合いが魅力。

 

 

ディスプレイもこだわる骨董市。

ディスプレイもこだわる骨董市。

 

 

クリスマスの参考にも。

クリスマスの参考にも。

 

 

黒板や木箱はお部屋のアクセントに。

黒板や木箱はお部屋のアクセントに。

 

 

家具、洋服、雑貨。年月を経ても使える上質さと、アンティークの味を備えた品々は、お値段もやさしい。

 

緑の中を散策、乗馬体験やバーベキューコートもあるので、1日ゆっくりヨーロッバ気分を楽しめます。

 

 

デザインがかわいい家具がとてもお買い得。

デザインがかわいい家具がとてもお買い得。

 

 

「東欧雑貨overflow」。

「東欧雑貨overflow」。

 

 

東欧食器が1000円台と、こちらもお買い得です。

東欧食器が1000円台と、こちらもお買い得です。

 

 

緑の多い公園の中を散策。

緑の多い公園の中を散策。

 

 

キッチンカーが並ぶフードゾーンで腹ごしらえ。

キッチンカーが並ぶフードゾーンで腹ごしらえ。

 

 

次回は、春の開催。花々が咲き乱れる公園の中でのマーケット、待ち遠しいですね。

 

気になるお店がある方は、お店やHPでも購入可能なのでチェックされてください。

 

 

毎週土曜に開催、「青山ウィークリー アンティーク マーケット」。

毎週土曜に開催、「青山ウィークリー アンティーク マーケット」。

 

 

一つひとつに歴史を感じるブローチやボタン。

一つひとつに歴史を感じるブローチやボタン。

 

 

毎週土曜、青山通り国連大学前で開催

「青山ウィークリー アンティーク マーケット」

 

春の開催が待ちきれない方にオススメなのが、毎週土曜日、青山通り国連大学前で開催されている「青山ウィークリー アンティーク マーケット」(AOYAMA WEEKLY ANTIQUE MARKET)。

 

新鮮な野菜が並ぶ「ファーマーズマーケット」に併設して開催されています。

 

 

北欧食器の品揃えも豊富。

北欧食器の品揃えも豊富。

 

 

北欧らしい花柄の絵皿。

北欧らしい花柄の絵皿。

 

 

帯をリメイクしたポーチや鞄を扱う「ぬいもの屋個々」。

帯をリメイクしたポーチや鞄を扱う「ぬいもの屋個々」。

 

 

今人気の豆皿はテーブルのアクセントに。

今人気の豆皿はテーブルのアクセントに。

 

 

ヨーロッパのアンティーク雑貨のほか、和雑貨も取り扱っているのが特徴です。

 

「ぬいもの屋個々」は、帯をリメイクしたポーチや鞄を販売しています。ご自分の帯のリメイクオーダーもできます。

 

ご姉妹でお母様の「形見分け」する方も多いそうで、とても素敵ですね。

 

ヨーロッパに来たような旅行気分、放り出しものに会えそうな探検気分、そんな気持ちになれる、アンティークマーケット散策の週末。

 

(写真・文/川野結李歌)

 

 

 

Profile:川野結李歌

横浜生まれ。大学卒業後(美術史専攻)、2013年よりフリーランスのカメラマンとして活動中。雑誌を中心に、ポートレート、映画、アート、建築など幅広く撮影。趣味は海外旅行、スケッチ、愛犬との昼寝。

 

 

訪ねた東京の骨董市

 

Go Green Market(ゴー グリーン マーケット)

http://go-greenmarket.blogspot.jp/p/ggm.html

 

AOYAMA WEEKLY ANTIQUE MARKET(青山ウィークリー アンティーク マーケット)

http://www.thejmp.com/

関連記事一覧