SUMAU’S SCENE

2016.08.29

カラフルでポップな街
アメリカンストリート福生

アメリカ空軍横田基地沿いを走る国道16号線「ベースサイドストリート」は、アメリカンテイストのショップが並び、街にはアメリカンハウスも点在しています。まるでアメリカのルート66を旅しているような福生をさんぽしました。

 

横田米軍基地沿いの国道16号線は、アメリカンな個性的なショップが軒を並べています。

横田基地沿いの国道16号線は、アメリカンな個性的なショップが軒を並べています。

 

 

アメリカ文化を身近に感じる

「ベースサイドストリート」

 

福生のメインストリートである、国道16号線「ベースサイドストリート」。

 

アメリカンな街並みには、カラフルで個性的なショップが並んでいます。

 

50~60年代のアメリカンダイナーをイメージした「デモデダイナー福生」。テラス席はワンちゃんOK。

1950~1960年代のアメリカンダイナーをイメージした「デモデダイナー福生」。テラス席はワンちゃんOK。

 

 

(左)レトロなおもちゃが懐かしい。(右)アメリカンサイズのジューシーな福生バーガーが人気。

(左)レトロなおもちゃが懐かしい。(右)アメリカンサイズのジューシーな福生バーガーが人気。

 

 

外観も店内もアメリカ映画の中にいるような気分。

外観も店内もアメリカ映画の中にいるような気分。

 

 

アメリカ映画に出てきそうな外観の「デモデダイナー福生」(DEMODE DINER)。

 

これぞアメリカン。ビックでジューシーなハンバーガーは、スパイスを効かせた肉々しいパテを炭火でじっくり焼き上げています。

 

店内も広々としていて、ここが日本であることを忘れてしまいます。

 

1958年に建てられ、オリジナルに近い状態で残されている「福生アメリカンハウス」。

1958年に建てられ、オリジナルに近い状態で残されている「福生アメリカンハウス」。

 

 

カラフルな平屋と広い芝生の庭はまさにアメリカ。コミュニティスペースとして利用されています。

カラフルな平屋と広い芝生の庭はまさにアメリカ。コミュニティスペースとして利用されています。

 

 

こちらはスタジオやイベントスペースして活用されている「131HOUSE」。アメリカンハウスは、やはり福生のシンボルです。

こちらはスタジオやイベントスペースして活用されている「131HOUSE」。アメリカンハウスは、やはり福生のシンボル的な存在です。

 

 

1950年頃、横田基地の周りに多く建てられたアメリカンハウスは、カラフルな平屋と広い芝生の庭が特長です。

 

いまはその数はだいぶ少なくなってしまいましたが、街のあちこちに現存しています。

 

そのアメリカンハウスを保存し、当時の生活を再現、展示している「福生アメリカンハウス」は、土日には建物内も見学でき、生活雑貨や写真が多く飾られています。庭の芝刈り機とバーベキューグリルが、アメリカらしさを感じます。

 

「131HOUSE」は、撮影スタジオやイベントスペースとして活用されています。

 

ベースサイドストリートでひときわ目立つ「BLUE SEAL」。

ベースサイドストリートでひときわ目立つ「BLUE SEAL」。

 

 

カラフルで軽やかな口どけのアイスクリーム屋さんです。

カラフルで軽やかな口どけのアイスクリーム屋さんです。

 

 

ひときわ目立つ看板のアイスクリームショップ「BLUE SEAL」(ブルーシール)は、アメリカ生まれ沖縄育ち 。

 

鮮やかな見た目とは裏腹に、沖縄の高温多湿な気候風土に合わせて、軽い口当たりのさっぱりとした風味にアレンジされたアイスです。

 

植物性油脂を使っているので口どけが良く、おさんぽ中のカラダを癒してくれます。

 

「DECO DEMODE」は、ヴィンテージハウスパーツショップ。

「DECO DEMODE」は、ヴィンテージハウスパーツショップ。

 

 

照明器具やUSメイドの食器など味のあるものばかり。お部屋のリフォームやDIYにピッタリ。

照明器具やUSメイドの食器など味のあるものばかり。お部屋のリフォームやDIYにピッタリ。

 

 

ヴィンテージ家具やアンティーク雑貨

さまざまなインテリアのお店に出会える街

 

「ベースサイドストリート」は、インテリアのお店も多く並んでいます。

 

「DECO DEMODE」(デコデモデ)は、ヴィンテージのハウスパーツショップ。

 

1930年代から1960年代のヴィンテージ住宅建材もアメリカから直接買い付け、メンテナンスして販売しています。

 

ミッドセンチュリーの魅力あふれるキャビネット、照明器具やタイル、スクリーンブロックなど、味のあるものばかり。USメイドの食器や、家具も販売しています。

 

アメリカの1950年~60年代の家具や雑貨を扱っている「BIG MAMA」。

アメリカの1950年~60年代の家具や雑貨を扱っている「BIG MAMA」。

 

 

大きなコーラの看板が目をひく外観。店内にはポップな品々がたくさん並んでいます。

大きなコーラの看板が目をひく外観。店内にはポップな品々がたくさん並んでいます。

 

 

コーラの看板が目印の「BIG MAMA」(ビッグママ)は、アメリカンアンティーク雑貨のセレクトショップ。

 

ポップな品々が並ぶ店内は、移動遊園地のようです。1950〜60年代のものを中心に集められ、人気のファイヤーキングも圧倒的な品揃え。

 

「DEMODE福中」は、大正から昭和期に製造された日本製家具や照明などを取り扱っています。

「DEMODE福中」は、大正から昭和期に製造された日本製家具や照明などを取り扱っています。

 

 

長年使い込まれた木、鉄、ガラスなどの素材を中心に、純国産デザインをセレクト。掘り出し物に出会えそうです。

長年使い込まれた木、鉄、ガラスなどの素材を中心に、純国産デザインをセレクト。掘り出し物に出会えそうです。

 

 

アメリカンテイストのお店だけではありません。

 

大正から昭和期に製造された日本製家具や照明を中心に取り扱っているのは「DEMODE福中」。

 

古き良き日本を感じる上品な風合いの木製家具や食器、照明、金具などを取り揃えています。年季の入った立派な木板を購入してテーブルに利用される方も多いそう。

 

アメリカンな街、福生。

 

1950~60年代の活気と開放的なアメリカ風土に包まれて 、元気になれる、そんな街です。

 

(写真・文/川野結李歌)

 

 

Profile:川野結李歌

横浜生まれ。大学卒業後(美術史専攻)、2013年よりフリーランスのカメラマンとして活動中。雑誌を中心に、ポートレート、映画、アート、建築など幅広く撮影。趣味は海外旅行、スケッチ、愛犬との昼寝。

 

 

16

 

福生(ベースサイドストリート)

アメリカ軍横田基地がある東京都福生市。「東京のアメリカ」といわれるほど、アメリカ文化を身近に感じることができる街として知られている。基地との境に面した国道16号沿いを「ベースサイドストリート」と呼んでおり、アメリカンな街並みには、おしゃれなアンティークショップ、ライブハウス、雑貨、古着、カフェなど、バラエティ豊かなショップが立ち並ぶ。1970年代頃まで「米軍ハウス」と呼ばれる平屋が若者の間で人気を博し、そこから独特なファッション、音楽、アートなど福生ブランドとして発信されていた。

名称:ベースサイドストリート

アクセス:JR八高線「東福生駅」より徒歩約5分。

電話:042-530-2341 (福生市観光案内所 くるみる ふっさ)

http://www.kurumiru-fussa-omotenashi.com/

 

デモデダイナー福生(DEMODE DINER)

住所:東京都福生市熊川1121

電話:042-530-6614

営業時間:11:30~22:30(L.O.21:45)

定休日:無休

http://www.kiwa-group.co.jp/restaurant/118/

 

福生アメリカンハウス

住所:東京都福生市福生2476-1福生G-14

電話&FAX:042-513-0432

開館時間:11:00~17:00(土日祝)入場無料

 

BLUE SEAL(ブルーシール福生店)

住所:東京都福生市福生2475 横田基地前

電話:042-551-0539

営業時間:10:30~20:00

 

DECO DEMODE(デコデモデ)

住所:東京都福生市福生2351

電話:042-552-6274

営業時間:11:00~20:00

定休日:無休

www.demode-furniture.net/deco

 

BIG MAMA(ビッグママ)

住所:東京都福生市二宮2485-1

電話:042-513-7896

営業時間:12:00~19:00

定休日:水曜日

http://fussa.bigmamablog.jp/

 

デモデ福中(DEMODE FUKUNAKA)

住所:東京都福生市熊川1148-4

電話:042-553-3981

営業時間:11:00~20:00

定休日:無休

http://www.demode-furniture.net/fukunaka/

関連記事一覧