SUMAUレストランクルーズ

2015.11.27

スペイン料理とロゼワインの
楽しいマリアージュ
【神楽坂】

レストラン激戦区の神楽坂に、またひとつ行きつけにしたいお店がオープンしました。カウンターを設えた気軽な雰囲気のここで味わえるのは、本格派のスペイン料理とロゼワイン。路地を入った坂の途中、というロケーションも隠れ家のようでワクワクします。

 

 

神楽坂にさっそうと現われた

新進気鋭のシェフがてがけるスパニッシュ

 

VOL.44  エスタシオン@神楽坂

 

一人でも気軽に入れるカウンターがあり、丁寧に手をかけた料理は洗練されているのにどこかホッとできる。ワインのセレクトにもこだわりを感じさせるけれど、飲み疲れしないものが主流で、リラックスしたい時にこそ行きたいレストラン。

 

こんなお店があったらいいな、と思っていたら、神楽坂にすでにオープンしていました。

 

2015年10月に開店した「エスタシオン」は、人気店「エルブエイ」の元料理人、野堀貴則さんが開いたスペイン料理のレストランです。

 

「バルの料理だけではない、スペイン料理を知って欲しい」という野堀さんは、スペイン各地を訪れて、郷土料理の奥深い世界に心を動かされたといいます。

そこで出会った郷土料理のレシピを再現しながらも、野堀さん自身のフィルターを通して、現代のスタイルにあった料理を表現しています。

 

看板メニューの「季節野菜の煮込み ハモンのカルド」は、伝統的な料理をモダンなプレゼンテーションで見せる一品。

 

農家から届く季節の野菜に火を入れてテーブルへ。そこにハモン(生ハム)の骨からとった熱々の出汁を注ぐと豊かな香りが立ち上り、食欲が喚起されます。

黄金の出汁は澄んだ滋味を含み、野菜に柔らかく寄り添ってくれます。

 

農家から届く有機栽培の野菜は、洋ものだけでなく大根やカブなど日本の野菜もふんだんに使われていて季節の移ろいを感じさせてくれます。

 

 

es2_es3

 

 

専用の鉄鍋で炊く「タコのメロッソ」もぜひ食べたい一品。こちらは、地中海に面したスペイン南東部ムルシア地方の料理です。日本で言えば「おじや」のようなお米料理で、生米を魚と海老、タコの出汁で水分を残して炊き上げています。

 

スペイン料理は塩分のメリハリがきいているものが多い印象ですが、野堀さんの料理はどれも素材の味をビビッドに生かしたしなやかで優しい印象。そんなところが食べるとホッとできる理由かもしれません。

 

こうした料理に合わせて野堀さんが用意したのはロゼワイン。実は「エスタシオン」は野菜料理とロゼワインがテーマなのだそう。

 

スペインのボデガ(ワイナリー)ではほとんどのところがロゼワインを作っていることもあって、スペイン料理とロゼワインはとても相性がいいといえます。

 

約20種類ほど揃えたロゼワインは多様で、しっかりタンニンがきいた軽い赤ワインのようなものからドライでスッキリした軽いもの、柔らかいロゼの微発泡など、飽きさせません。

 

寒さをくっきりと感じるようになってきたこの頃、白ワインではちょっともの足りないけれど、重たい赤ワインは気分じゃない。そんな夜にロゼという選択肢が豊富にあるのは素敵なことです。

 

「エスタシオン」は路地と路地を結ぶ階段坂の途中というロケーションも魅力的。隠れ家のようなレストランを探し当てるアプローチから、すでに心地よいディナーへの幕開けが始まっています。

 

 

季節野菜の煮込み ハモンのカルド 1,500円 まずは立ち上る香りを胸いっぱいに吸い込みたい料理。 生ハムの奥深い味わいが染み出た出汁が野菜の滋味を優しく包む。

季節野菜の煮込み ハモンのカルド 1,500円

まずは立ち上る香りを胸いっぱいに吸い込みたい料理。
生ハムの奥深い味わいが染み出た出汁が野菜の滋味を優しく包む。

 

 

たこのメロッソ 2,800円 パプリカの風味と魚介の出汁がしっかり浸みたお米がたまらない美味しさ。 たこも驚くほど柔らかく煮こまれている。

たこのメロッソ 2,800円

パプリカの風味と魚介の出汁がしっかり浸みたお米がたまらない美味しさ。
たこも驚くほど柔らかく煮こまれている。

 

 

シンプルで素朴なインテリアもくつろげる雰囲気。

シンプルで素朴なインテリアもくつろげる雰囲気。

 

 

左から、ペネデスのモスカートのロゼ、 バレンシアの土着品種ボバルのロゼ、 レオンの土着品種プリエド・ピクードのロゼ。 同じロゼでもそれぞれに品種も味わいも変わる。

左から、ペネデスのモスカートのロゼ、

バレンシアの土着品種ボバルのロゼ、
レオンの土着品種プリエド・ピクードのロゼ。
同じロゼでもそれぞれに品種も味わいも変わる。

 

 

小栗通りから見番横丁へと抜ける熱海湯階段の途中。 ロケーションも含めて訪れるのが楽しい。

小栗通りから見番横丁へと抜ける熱海湯階段の途中。

ロケーションも含めて訪れるのが楽しい。

 

 

es11

 

estación  エスタシオン

 

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6 カーサピッコラ神楽坂1F

電話:03-5225-3808

営業時間: 18:00~24:00

定休日:日曜

席数:17席

メニュー:エスタシオン風サラダ1,300円、ハモンイベリコとパンコントマテ2,000円、自家製モルシージャと果物1,600円、帆立のパステルと野菜のプランチャ1,500円、仔羊の煮込み チロンドロン2,400円。グラスワイン700円~、ボトルワイン4,000円~

FB:  https://www.facebook.com/estacionjp/

 

(取材&文・岡本ジュン 写真・加藤 タケ美)

 

PROFILE  岡本ジュン

“おいしい料理とお酒には逆らわない”がモットーの食いしん坊ライター&編集者。出版社勤務を経てフリーに。「食べること」をテーマに、レストラン、レシピ、旅行などのジャンルで15年以上に渡って執筆。長年の修業(?)が役に立ち、胃袋と肝臓には自信あり。http://www.7q7.jp/

 

※掲載価格は税込価格です(2015年11月現在)

 

 

 

 

関連記事一覧