憧れの街に住もう

2015.12.28

本物が醸し出す「質」と「品」が
DIANAブランドの生命線
(株)モリモト 小林佐知子

モリモトが誇る分譲マンションブランドのフラッグシップ、DIANA COURT(ディアナコート)。同ブランドならではの個性と魅力を最大限に引き出すモデルルームを造るべく、日々、奔走するのが(株)モリモト 不動産企画部の小林佐知子。その小林が、同ブランドについてのこだわりをお伝えします。

 

上質素材を標準採用する

こだわりがディアナのプライド

 

――まず「ディアナコート」ブランドの特徴を教えてください。

 

「DIANA(ディアナ)」は“月の女神”が住む宮殿をイメージして作り上げた、当社分譲マンションの最上級ブランド。立地、建物、空間、デザインすべてが気品と贅にあふれ、住む方々を上質な生活へと導く集大成ブランドとも言えるでしょう。なかでも上質感という意味で最も特徴的なのが素材づかいです。フローリングには天然木の挽板(ひきいた)や突板(つきいた)を、建具や廊下の壁面にも突板を採用しています。挽板フローリングというのは、鋸で挽いた厚めの木材を合板に張り付けた床材で、無垢材に近い風合いがあります。また、突板は薄くスライスした木材を同様の基材に張り付けた素材で、加工方法によってさまざまな表情を持たせることができます。

一般にはコストとの兼ね合いから内装材にシートフローリングやビニールクロスを用いることが多く、こうした挽板や突板など本物の木材を採用する物件はそう多くはありません。それをあえて“標準採用”としているのがディアナの大きな特徴です。さらにキッチンや洗面の天板には天然御影石、廊下の床材には天然大理石を使用し、これらもすべて標準仕様。最近では、衛生面に優れていてデザイン性の高い新素材であるクオーツストーンをキッチン天板に採用する機会も増えています。こうした上級素材へのこだわりも、ディアナブランドの大きなアドバンテージと感じていただけるのではないでしょうか。

 

玄関から廊下へ連なる部分の床材には、天然大理石を使用

玄関から廊下へ連なる部分の床材には、天然大理石を使用

 

扉の先に広がるリビングダイニングの床面は、天然木のぬくもりが感じられる2ミリ厚の挽板フローリング

扉の先に広がるリビングダイニングの床面は、天然木のぬくもりが感じられる2ミリ厚の挽板フローリング

 

キッチンの天板には高級感溢れる天然御影石をセレクト

キッチンの天板には高級感溢れる天然御影石をセレクト

 

――それだけ素材にこだわる理由というのは?

 

家とは、育てていくものと考えています。お住まいになる方がご自分の個性を生かしながら家を成長させていくと言う意味では、素材がとても重要なファクターだと感じているからです。ディアナ物件では木の持つ温かみや石の持つ重厚感、経年変化など、本物の素材ゆえに感じられる住まいを提供したいと思っています。だからこそ愛着も湧くし、ご自分の住まいをもっと好きになれる……。今は時代の流れとして、こうした素材が高級化し、使いにくい状況になっています。けれど、そこに妥協しないのもまた、ディアナらしさ。実際、こうした姿勢に共感していただけるお客様も多いんです。

 

――まずは素材づかいでディアナの「上質」を表現している?

 

そうですね。ディアナは「品」や「質」を重視するブランドですから、最も意識するところです。派手さはなくとも、本物が醸し出す質感はやはり違いますから。特に永く暮らす住まいであればなおさら、手に触れる素材の上質さを大切にすべき、と思いますね。

 

8

 

――ほかに工夫されている部分は?

 

建物の構造を逆梁ハイサッシにしたり、間取りにワイドリビングを取り入れるなど、明るく開放的な室内空間になるよう工夫しています。逆梁ハイサッシとは、通常サッシの上にくる梁(=順梁)を床から立ち上げる工法(逆梁工法)にすることで、サッシの高さを天井近くまで上げたもの。通常よりも背の高いハイサッシを採用できるので、より多くの採光が取れ、風通しもよくなります。マンションって部屋の中に梁や柱が多かったり、コンクリートに囲まれているイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、ディアナはとても明るいのでいい意味で驚かれる方が多いですね。

 

――ワイドリビング、のお話も出ましたが。

 

一般的によくあるのが、「縦長リビング」というキッチンからリビングを縦に配置した間取りです。一方、当社はいわば「横長リビング」。対面キッチンの位置を工夫することで、キッチンから全体を広く見通せる空間を作り、その先に間口の広いバルコニーを設えています。こうした間取りは「ワイドリビング」とも呼ばれ、これによりリビングダイニング空間をより豊かに使っていただこうというのが当社の考え方。正直、これもコスト効率からいうとあまりよくないんです。けれど、心地よい空間づくりに大事な部分ですから、譲れない…。こうした工夫も、ディアナのグレードならではのポイントだと思いますね。

 

空間の使いかたが広がるワイドリビング

空間の使いかたが広がるワイドリビング

 

逆梁ハイサッシで開放的な視界を実現

逆梁ハイサッシで開放的な視界を実現

 

1LDK+WIC(99.43㎡)のコンセプトルームプラン例

1LDK+WIC(99.43㎡)のコンセプトルームプラン例

 

本物の良さ、質を理解し、

情報感度の高い方に好評

 

――つまり「本物志向」に反応、共感するお客様がターゲット?

 

そうなると思います。お客様ご自身が、「質」をご理解されていて、本物の良さに対して意識が高く、常にアンテナを張っていらっしゃる方々、でしょうか。ディアナは都心のエリアで、70〜80㎡、8000万〜1億円超くらいの物件がメイン。モデルルームでは主に、30〜40代くらいのDINKSのご夫婦で、ふたりで暮らす時間を大切にしたり、お互いの趣味を大事になさっている方をイメージしたスタイリングを提案しています。ゴージャスな高級感ではなく、シンプルでモダンな高級感を表現するよう心掛けています。

 

――物件自体は小〜中規模マンションが多い印象ですが?

 

20〜50戸と比較的コンパクトな集合住宅メインで、その点を気に入っていただける方も多いですね。いろいろな方がたくさん集まる大規模マンションよりも、こじんまりとしていて、ご近所付き合いもしやすい距離感。コンシェルジュ機能付きの大型の高級マンションだと、その分共益費も高くなりますよね。それよりむしろ仕様が上質で落ち着いた暮らしができる、そんなスタイルを好む方が多いように感じています。

 

12_13

 

――モリモトのマンションづくりに対する姿勢も「本物志向」ということでしょうか。

 

そうですね。モリモト=デザインマンション、のイメージを持たれる方は多くて、確かにデザインに関してはこだわっています。以前は著名なデザイナーさんにお願いして既成の枠にとらわれない斬新な物件を提案することもありました。今は質実剛健で、安定感のあるオーセンティックなものづくりをしていこう、という意識にシフトしてきています。素材へのこだわり、柱や梁の収め、余計な下がり天井を作らない…などといった部分は、一見すると気づきにくいかもしれません。けれど実際に物件を見比べていただけると、お分かりいただけるはず。マンションって、よく見ると意外に出っ張り、引っ込みが多いんです。それをいかに整理してキレイな箱に見せるかというのは、構造面までひっくるめて企画段階から綿密に調整しなければ実現し得ない。地味な作業ですけれど、実は家づくりの上では非常に重要なポイントだと思っているので、一切手抜きはありません。

 

14

 

――最後に小林さん自身のお仕事に対する姿勢で心掛けていることや、ディアナコートについての思いをお聞かせいただけますか。

 

モリモトの、“ものづくりの本質を大事にしつつ、かつ、さらに質を高めることを重視する”姿勢は、私自身共感する部分。同様に、個人的にも人間としての質を高められるよう努力していきたいと思っています。さらに仕事をするうえで大事にしているのは、バランス、ですね。土地や条件、そしてプロジェクトに携わる人々、すべてにおいて無理なく落ち着けるポイントを探す……。感覚的でもあるのですが、心地よいと思える着地点はどこかを常に対話しながら模索しています。今のモリモト、ディアナが目指す上質さを追求する姿勢は確実に支持を得ていると感じていますので、今後もこの路線をもっと大切に温め、突き詰めていけば、ブランド価値もより高めていけると信じています。

 

15

(株)モリモト

不動産企画部 モデル・インテリアグループ 係長

小林 佐知子

一級建築士、インテリアコーディネーター。学校でインテリアデザインを学んだ後、家具メーカーの営業を経て、2006年モリモト入社。その後、独立しフリーのインテリアデザイナーとして活動、2014年に復職し、現在に至る。趣味は茶道。その成果として得たものが「集中力と忍耐力」だという。

 

※写真はサンプルルームを撮影したものであり、現在販売中の物件とは異なる部分がございます。

 

(取材&文・原口りう子 人物写真・竹崎恵子)

 

ディアナコート浜田山

ディアナコート文京本郷台

ディアナコート千石丸山町

関連記事一覧